化膿性皮膚炎にも要注意

シャワーを浴びずに性行為すると化膿性皮膚炎になる事も・・・

元々皮膚が薄い場合は、少しの傷でも化膿性皮膚炎を起こしてしまうことがあるので注意が必要です。これは、性行為、自慰行為でも共通して言える事です。

性行為の場合、お互いにシャワーで洗浄する事なく事を始めてしまうと、挿入前にいわゆるこすりつける行為を繰り返す事でも皮膚炎を起こすことがあります。

摩擦が強くて男性の陰茎外周に少しでもひっかき傷が付き、そこから、雑菌類が入り込んで水ぶくれとなるのです。

この時の雑菌は、カンジダに限らず、女性の肛門周辺の大腸菌などが入り込む事もあるので、これらがほんの少しの傷口にでも触れれば、そこから中に侵入し、そこで数を増やすなんて事もあるので、亀頭包皮炎ともども注意が必要です。

また、この場合、もう一つ注意しなくてはならない事として、大腸菌が女性の尿道に入り込むと、急性膀胱炎を引き起こす事もある点を忘れてはなりません。

男性は、女性よりも尿道が長いという形上、膀胱炎は起こしにくいと言われますが、女性は、結構な割合でなるようなのですが、その原因は、こうした性行為が関わっているとの事でした。

こうした性行為による感染症のリスクを抑えるためにも、その前には、身体をキレイに洗っておく事が大切です。特に、亀頭包皮炎を一度でも患った経験があり、そのきっかけが性行為という自覚がある場合は、また同じ失敗を繰り返さないためにも、その必要性を十分に感じているのではないでしょうか。