発症最中は患部の洗い方にも要注意

洗わなくても洗いすぎてもダメ

カンジダ性亀頭包皮炎体験者のブログなどを見てみると、洗いすぎが良くないという情報を参考に、そのままの状態で自然治癒すると思っていたそうですが、一向に良くなる気配が無いどころか、悪化する一方だったとありました。

つまり、何も処置しなければ、そうなってしまう危険性があります。

ですが、洗いすぎも良くないというなら、どうすれば良いのかという話になりますが、やはり、その為の対策としてファンガソープEXを用いる人は少なくはないようです。
実際、売れている点、注目されている事を考慮しても良さそうな気がします。

そもそも、亀頭包皮炎の感染源を考えると、女性のカンジダ膣炎からの感染というケースが多いと思います。女性器は、悪い菌も培養されやすい環境なので、免疫力の弱った状態で細菌のバランスが崩れてカンジダが増殖。

いわゆる日和見感染というヤツですね。
そうして増えた菌が性行為によって男性へと感染。

普段なら数も少なく、感染するリスクも低いのに、活性化している状態ともなるといくら健康的な状態の男性の免疫力であっても抵抗しきれず感染しそこで発症。
その結果が亀頭包皮炎になるというケースは、十分に考えられます。

そうなる事を防ぐ為には、性行為の前の洗浄も大切です。
そういう場合にもファンガソープEXが一つあれば、洗いすぎる事を防ぎつつ悪い菌を殺菌してくれるので重宝しそうです。