亀頭包皮炎の主な症状と治療法

亀頭包皮炎の主な原因と治療方法について

亀頭包皮炎は、男性器に起こる細菌感染症の一つですが、男児疾患のうち最も多いもののひとつと言わているので、発症したからと言って、そこまでショックを受けるべきではありません。

また、成人男性だけではなく、子供にも起こるものです。
子供のうちは、包茎の場合が多いので、恥垢(ちこう)なども溜まりやすく細菌も繁殖しやすい事が亀頭包皮炎を起こすきっかけとなることがありますが、この場合は、ブドウ球菌により起こる事が多いようです。

一方、カンジダによる亀頭包皮炎の特徴としては、亀頭周辺に白いカスが溜まったり、皮膚が炎症する事で赤くなったり、ただれるなどの症状が現れます。また、表皮が破れるとパンツに膿が付着する事も有ります。

成人の場合は、性行為によって起こる事もありますが、自慰行為や洗いすぎ、着衣とのこすれなどで出来た傷から細菌類が入り込み、炎症へと悪化する事があります。

この時の症状が赤くなったり、白いカス、痒みなどの自覚症状は、カビの一種であるカンジダの繁殖によるものが多く、それ以外の雑菌類の場合は、赤く晴れて痛む、痒みが出るなどの症状が現れやすくなります。

細菌性亀頭包皮炎の場合、症状が酷ければ、抗生物質を内服、または、外用薬の塗布により治療を行います。

対して、カンジダによる亀頭包皮炎の場合は、抗真菌剤の塗り薬を使用するのが基本的な治療となりますが、海外では、ロテュリミンを塗る事でのカンジダ性亀頭包皮炎治療がスタンダードな方法の一つとなっています。