亀頭包皮炎は子供にも起こる

成人男性だけでなく子供(男児)にも起こる病気

亀頭包皮炎は、カンジダだけではありません。
他にも、黄色ブドウ球菌や大腸菌によっても引き起こされるようです。大腸菌は、誰の身体にも存在する雑菌の一つですが、体調不良と免疫力の低下には要注意です。

また、亀頭包皮炎と一概に呼ばれていても、包皮炎、亀頭炎とそれぞれ部位毎に症状が起こる場合もありますが、一度に両方発症する厄介な状態がこの病気になります。
いずれか一方を発症したら、続発的に発症すると考える事ができます。

包皮は柔らかくて薄い組織ですが、大腸菌が入り込むと赤く腫れ、痒みや痛みをもたらす事もあります。更に、症状が悪化すると、水ぶくれとなる事もあるようです。

カンジダの場合、こちらは、酵母カビの一種なので亀頭から包皮にかけて付着する事で赤くなったり、カスが溜って白くなる事もあるようです。

また、常在菌により引き起こされるので、性感染のように成人男性にだけなるというものではないのもありがちな誤解。

小さな子供でも、場合によっては亀頭包皮炎を発症する事があるので、自分で対処できる成人男性だけでなく、男の子を身ごもっている妊婦さん、男の子の赤ちゃんのいるお母さんも知っておくべき病気の一つだと言えます。

特に、おむつをしている赤ちゃんには、しばしば見られる病気と言われているので、決して他人事ではありません。子供のうちは、皮が被ったままなので、カスが溜りやすいのも原因として大きいようです。

そんな亀頭包皮炎を対処するには、大人ならロテュリミンを塗る事で治療可能ですが、子供に輸入薬を使うのは、リスキーなので、下手な事はせず、すぐに病院へ直行です。