亀頭包皮炎の市販薬はイミダゾール系が最適なようです

ラミシールよりイミダゾール系の「ロテュリミン」が最適

男性器に起こるカンジダ症(Candida)の一つに亀頭包皮炎というものがあります。

亀頭炎と包皮炎がいっぺんに起こる状態なのでこのように呼ばれていますが、そんなダブルパンチみたいなのは、本当に勘弁して欲しいものです・・・。

手っ取り早く治すには、薬に頼るしかない・・・。

男性の場合、性器の構造から女性よりも自然治癒しやすいそうですが、しっかり治したいなら薬を使うのが無難なようです。

亀頭包皮炎に効きそうな薬と言えば?

すぐに思い浮かぶのは、ラミシールATクリームでした。

ラミシールは、水虫(白癬菌)の外用薬、爪水虫の場合なら錠剤としても用いられる殺菌作用に優れた薬として有名ですよね。

白癬菌をはじめとする真菌を殺菌するのに有効な手段ですが、亀頭包皮炎に関して言えば、そこまで治療効果が高いわけではないらしく、治療の第一候補では無いそうです。

水虫と亀頭包皮炎の両方の治療に使うことができれば、薬も併用出来て費用が抑えられて助かるんですけどね。

なぜ、ラミシールATクリームがイマイチなのでしょうか?

その理由は、ラミシールが抗真菌薬の中でもイミダゾール系ではなくアルアミン系という事が関係しているようです。カンジダ菌による亀頭包皮炎には、イミダゾール系の抗真菌薬が第一選択薬になるという事だけ抑えておけば良さそうな気がします。

カンジダ性だと抗生物質は効かない

もう一つ注意したい点は、カンジダ性亀頭包皮炎の場合、ウイルスの殺菌が目的である抗生物質は効き目が無い事です。

ウイルスによって引き起こされる亀頭包皮炎というのは、そんなに多くは無いですが、ウイルスと真菌は別物なので、カンジダ菌が原因の場合は、抗生物質は無意味だという事を知りました。

とりあえず、ウイルス性なのか、カンジダ性なのかを確認せず、安易に薬を選ぶのは避けた方が良さそうです。

ラミシールクリームより亀頭包皮炎に適した薬と言えば?

では、亀頭包皮炎の場合、どういう治療方法が適しているのか調べてみたところ、抗真菌薬で再生(合成)能力を奪うことこそ最短の治療ルートのようです。

その抗真菌薬の中でもイミダゾール系が亀頭包皮炎の治療に最適であり、その治療薬の一つにロテュリミンAFが該当すると分かりました。

ロテュリミンAFとは?

亀頭包皮炎をはじめとするカンジダ症の外用薬は、イミダゾール系のものが抗菌範囲が広くカンジダに対する有効性が高いので、ロテュリミンAFの方が適している事になります。

「ロテュリミンAF?初めて聞く薬なんだけど・・・」

私は、こんな感じでこの薬の事を全く知りませんでした。

なぜなら、日本では販売されていない薬だからです。

しかし、海外では亀頭包皮炎の市販薬としてスタンダードなようです。

カンジダ症治療薬の第一候補であるイミダゾール系の中でも、クロトリマゾールが効果的との事でカンジダ症を何度も体験しているなら常備薬だと知りました。

ちなみにロテュリミンAFなら、亀頭包皮炎だけでなく白癬菌の殺菌にも有効性が高いそうなので、水虫とカンジダ(菌)の両方をいち早く殺菌したいなら、こちらの方が最適なようです。

イミダゾール系の薬とは

イミダゾール系には、以下の薬剤があります。

  • クロトリマゾール
  • ネチコナゾール
  • ケトコナゾール
  • ラノコナゾール
  • ルリコナゾール

外用薬の種類としては、軟膏剤、クリーム剤、液剤、そしてゲル剤などあるようですが、中でも、男性の亀頭包皮炎などのカンジダ症、女性の親近対策としてクロトリマゾールの塗り薬を使用するケースが多いようです。

ちなみに、ロテュリミンAFは、非油性クリームらしいです。

それって水性クリームでもダメなものでしょうか?笑

とりあえず使い心地は、良いとのこと。

ニオイも無臭でパンツに色移りする心配もなく、毎日2回使用するだけで長くても2週間ぐらいで治療できてしまうとの事です。

完治には菌の根っこをしっかり取り除く殺菌

亀頭包皮炎の面倒くさいところ。

それは、完治したと思って油断していると簡単に再発してしまうこと。

薬を塗って長くても2週間もすれば症状は治まるものの、その段階で安易に改善したと思って薬の使用を怠っていると、生き残っていた菌の根っこからまた再発。

これがあるので、薬の塗布は徹底しなくてはなりません。

一度か二度そんな経験をすれば、3度目の正直では油断しないようになると思いますが、それでも、再発するリスクはゼロではないので4度目が無いよう注意したいところです。

特に、こうした常在菌が関係して引き起こされるという事は、疲労や体調不良、ストレスなどで免疫力が低下すると簡単に再発しやすくなってしまいます。

カンジダ性亀頭包皮炎をしっかり予防するには?

亀頭包皮炎の予防や治療中の使用にも適していると言われる液体ソープが有ったのでご紹介しておきます。

取扱店のレビューなどを見ていると、亀頭包皮炎やカンジダ膣炎の治療にこのファンガソープを用いているというレビューをよく見かけます。

なぜファンガソープがカンジダ対策に人気なのか?

どうやら、主原料であるティーツリーオイルが真菌や細菌の殺菌する効果に優れている事が関係しているようです。市販の石けんやボディソープでは、しぶとく洗い流せないカンジダや雑菌も弱らせて洗い流せれば、減らせるそうです。

しかも、原料がどれも天然由来成分。

こうした皮膚炎を起こしている時だけではなく、普段使いでも何気なく使うことが出来るし、予防にも良いと評判みたいです。

また、シアバターが配合されていることで、洗い上がりがしっとりでさっぱりするそうですが、使い心地だけではありません。

シアバターの主成分であるステアリン酸とオレイン酸は、酸化に強く安定した脂肪酸なので、抗酸化作用が高いそうです。

殺菌成分配合のものは限られる

近所のドラッグストアで売られているような安いボディソープなどは、界面活性剤などを始め色々なものが含まれていますが、化学的に合成された成分などで汚れを落とすことはできても、殺菌力は全く無いものも多くあります。

市販されているソープの多くは、ばい菌を洗い流せてもカンジダなどの真菌・細菌には、何の効き目も無いようです。

その点、ファンガソープは、亀頭包皮炎の治療補助だけでなく、水虫の予防や改善、ヘルペス、皮膚の発疹など、どの症状にも殺菌力が発揮されるので、それらに使う薬と併用することで、短期間で治すことが出来る期待が高いのです。

更にファンガソープEXへと改良され、使い心地、殺菌力ともに従来品よりアップしているようなので、何かしらの症状が出ていなくても、かゆみやニオイ対策にも使い心地が良いです。

ロテュリミンAFの購入方法は?

ロテュリミンAFは、日本未発売品なので海外からの取り寄せしかないようです。

再発を防ぐことができ病院に行く手間も無くなれば、治療にかける時間も節約できそうですが、個人輸入の場合、注文から届くまで早くても1週間。遅ければ、2週間程度かかるようです。

その点、ラミシールATクリームなら国内販売されているので、いますぐ手に入れる事ができます。

この辺を天秤にかけて、早く確実に治したいならロテュリミンAFとファンガソープEXが最適な組み合わせの一つである事は、実際にこのセットを使用されている方のレビューなどを見ても間違いなさそうです。

ですが、残念な事に取扱店でロテュリミンAFが終売し、代わりにファンガクリームとファンガソープのセットに変わってしまいました。

セット内容が変わった理由は、ロテュリミンAFのように発症してから使うのではなく、より早い段階で防ぐ為。つまり、再発予防に最適なのがファンガクリームだからだそうです。

>>亀頭包皮炎対策セットの詳細はこちら

ジェネリックのカーネステンクリームも人気のようです

ロテュリミンAFは、金額だけ見ると少し高いように感じます。

なら、同じ成分(クロトリマゾール)を配合しているジェネリックは無いのでしょうか?

調べてみると、個人輸入が可能な市販薬の中では、カーネステンクリームというのが同じ亀頭包皮炎の治療薬として人気があるようです。

主成分は、ロテュリミンAFと同じくクロトリマゾールを1%配合しています。

中身に関しては、日本で承認されているエンペシドクリームと同じという事なので、価格の安いジェネリックでも良いというのであれば、これも選ぶ候補となってくれそうです。

>>カーネステンクリーム(1%・15g)の価格確認はこちら